アトピーが腕に発症。治まっていたのに娘のアトピーが悪化した理由

肘裏のアトピー悪化
スポンサーリンク

私の娘は小さい頃からアトピーに悩まされてきました。

しかし幼稚園に通いながら治療を進め、なんとか症状が治まるようになり、安心して小学校に入学させられルことができました。

しかし、小学校1年生の冬、腕にアトピーの症状が見られるようになりました。

久しぶりのアトピーを見たときに「またかー。また薬を塗る毎日が始まるのだ」と落ち込んだのを覚えています。

幼稚園の頃は子供たちも自分や相手の身なりで、意地悪や悪口を言われ、嫌がられるという事はありませんでした。

しかし、小学校に上がると、状況はやはり異なります。

毎日服を入念に選び、髪型も私に指定し、身なりにとても気を使うようになりました。

そんな中で、腕にアトピーの症状が出てしまった娘は、必死に服で隠そうとして登校していました。

帰宅すると隠し続けているストレスやかゆみを我慢しているせいか、機嫌が悪く親子の言い合いが頻繁に起こるようになりました。

極めつけは、言い合いの末、「ママのせいだ。こんな腕で学校に行きたくない」と言われてしました。

翌日から嫌々泣きながら学校の準備をするようになりました。

見た目を気にする年齢になった娘の腕に再発したアトピー。なぜ再発したのか疑問に思い調べました。

どうにか、綺麗な肌を取り戻してあげたかったのです。

そして、完治・再発しない為の対策法があったので紹介したいと思います。

なんで腕にアトピーは出やすいの?

手首が痒い

少し調べ出すと、腕はアトピーがよく出やすい場所だったのです。

なぜアトピーが腕に出やすいのかというと腕は常に刺激を受けています。

夏は紫外線や汗に、冬は長袖を着て肌に服が当たります。

小学生になった娘は、学校の机で勉強をするときに当たるので、それも刺激となるのでしょう。

紫外線の刺激と服の刺激については、どちらの方が自分に良くないかは見極め対策しなければいけませんね。

私の娘の場合は夏には症状が出なかったので、服の刺激のほうが良くないのだなとわかりました。

そして腕を動かさない日はありません。常に腕は動き色々な刺激を受けます。

無意識に掻き毟りやすい場所でもあるため、悪化もしやすい場所です。

娘も掻かないようにと注意していたので、意識的には我慢している様子が見受けられるのですが、テレビに夢中になっているときや、睡眠中は掻いている様子が見受けられました。

特に肘の内側は多くの方が発症しているのではないでしょうか?

腕の内側は学校での勉強、普通に立っているときも、ご飯を食べているときも、常にどこかに触れている場所です。

服と机で擦れ、肘を曲げるだけでも服が当たります。 汗もかきやすいし、垢も溜まり易く刺激を受けることが多いため、発症率が高いのですね。

アトピーが出ている事に気が付いたら

まず、掻く行為はダメですね。

アトピーが悪化してしまいます。

ですが、かゆみを我慢することはよいぇも大変ですよね。

アトピーの発症に気が付いたら直ぐに、適切な処置をしましょう。

傷に成る前でしたら、かゆみ止めを塗る。

汗をかいたらこまめに優しく拭き取る。

ガーゼ素材を少し濡らして拭く刺激が軽減されるので良いです。

寝ている間や無意識に掻き毟らないように、ガーゼや包帯などを巻いておくのも効果的です。手袋をするのもいいですね。

娘には、家では半そでのTシャツ1枚で過ごさせています。かなり大きめでワンピースの様なTシャツです。

学校へ行く時は、子供が腕を隠したがりますし、気温も低いので長袖です。

しかし、布記事のものを着せるようにし、毛糸素材のものは汗をかきやすく、本人もかゆみが増すというので避けるようにしました。

汗をかいてもすぐにシャワーがあびられない時は優しく拭きます。

しかし、これがなかなか面倒くさいのです。

また、小学科に行っている間は私がやってあげることができませんし、腕を友達に見せたがらない娘は、汗を拭き、かゆみ止めを塗ることもしたくないと言っていました。

腕のアトピーの発症を防ぐには?

服の素材

腕を動かさないで生活するのは無理なので、成るべく通気性のよい締め付けなどがない服を着るようにしましょう。

綿のブラウスやゆったりしたTシャツなどがおすすめです。

食生活

腕だけでなくアトピー全般になりますが、食生活を正しく心かげる必要があります。

「腕は汗をかきやすいから」とあえて汗をかかない生活を送る事は絶対にやめて下さい。

例えば、冷たいものを飲んで体を冷やそうとしたりするのではなく、常温や温かい飲み物を飲んだほうが良いという事です。

アトピーは体の老廃物を出しているので、汗で老廃物を排出することが出来ればアトピーは発症しません。汗をかくことは良いことです。ただ、汗を放置してはいけません。それは悪化に繋がります。

保湿

肌は乾燥していると水分量が足りず、肌バリアの機能が低下してしまうため、外部刺激から肌を守ることができません。

しかし、保湿することで水分が放出し、乾燥しない肌が作れるので、肌バリアの機能を保つことができ、外部刺激に強い肌になります。

また、悪化させないためにも、傷口を保護して細菌やアレルゲンが侵入しないようにする必要があります。

そのため、保湿剤などで肌を保護しましょう。その際、肌を単純に保湿できるものではなく、肌を保護できる保湿剤を選ぶことがなにより重要です。

ワセリンなどで保護してもいいですが、ワセリンはべたつきやすく、衣類についてしまって塗り直しが必要になります。

また、ステロイドはとても効果があるのですが、なめることが出来なくなってしまうのです。塗らなくなるとすぐに再発してしまいます。

小さい頃に使っていましたが、なんとか脱ステロイドを頑張ったので、もう使用したくありませんでした。

娘のアトピーが一晩で悪化した理由

〔1枚目〕

スポンサーリンク
膝裏のアトピーが治りかけ

〔2枚目〕

膝裏の赤いポツポツ

 

1枚目の写真から2枚目の写真はたった一日での変化です。写真の加工はしていません。

光の具合で映り方の違いはあります。

でも理由はなんとなく察しがついています。

普段はドルチボーレ ナチュラルウォッシュという界面活性剤が一切入ってない洗濯洗剤を使っているのですが、ダウニーのニオイが良いとのおねだりで、洗濯洗剤を変えた事。

もう一つは、娘は不登校気味で学校に行っていなかったのですが、学校の先生と面談をすることになり、渋々私と一緒に学校に行きました。先生との面談が始まって直ぐに手を掻きだしました。つまりストレスです。

話が長くなるにつれて、腕を掻きだし次に足を掻きだしと段々掻く範囲が広がっていきました。

面談が終わり家に帰っても、寝る前には全身がかゆいと泣き出してしまうほどでした。

普段と少し違うものの使用や、ストレスがかかると、ここまで一気に悪化してしまうのです。

完治に至るまで・・・

完治するまで担任の先生に事情を説明し、無理に学校に通わせないことにしました。

行きたくない日は行かなくてもいいよと言うと、少し気持ちが落ち着いたようで、私も気が楽になり、親子喧嘩が少なくなりました。

そしてアトピー完治の為に、何かいい保湿クリームは無いかと探すことにしました。

薬局を何軒もまわりましたが、どこも同じようなものばかり・・・。

あまり肌に良さそうなクリームは見つかりませんでした。

そんな中、アトピーの症状が落ち着いているときにテレビで【アトピスマイル クリーム】 というものが紹介されていたことを思い出したのです。

もう完治したと思っていたので、必要ないなと思っていたのですが、アトピー野だったら使ってみたいなと思ったクリームでした。

アトピスマイルクリームとは?

テレビで紹介されていたアトピスマイルクリームですが、乾燥をしっかりと改善してくれるものなのです。

紹介によると、市販の一般的なクリームは、肌の表面しか潤すことができないようで、アトピスマイルクリームは、肌の深層まで潤いを与えてくれるのです。

また、水分保持能を高める働きのある、医薬外部品のライスパワー№11というものがクリームの主成分で、水分が肌に保持される為、肌バリアが強くなり、外部刺激に負けることなく、乾燥しにくい肌を手に入れることができるのです。

ステロイドも称されておらず、肌の根本的な部分から、アトピーになりにくい肌を作りだしてくれるという事で、腕のアトピーに悩んでいた娘には、もってこいのクリームだったのです。

実際に使用した結果・・・

実際にアトピスマイルクリームを注文し、娘の腕に塗ってみました。

今までの薬は、表面を覆うようなものだったので、ベタベタした使用感を娘は嫌がっていました。

しかし、アトピスマイルクリームは、塗ると肌にスーッと馴染み、付け心地が良く、娘は嫌がりませんでした。

また、無香料で肌に優しいだけではなく、学校に塗っていっても問題ないというところも良いなと二人で話しました。

一週間ほど学校を休み、朝晩2回アトピスマイルクリームを塗る生活をしました。

新たにアトピーの症状が増えることもなく、娘の場合アトピーの症状が悪化すると、浸出液が出てきたりするのですが、アトピスマイルクリームのおかげか、悪化しませんでした。

またかゆみも治まってきたようで、学校に行けそうだというのです。

朝晩塗るだけで日中肌が乾燥し、痒くなることもないので、朝登校前に塗り、帰宅後お風呂に入ってから塗るという生活になりました。

乾燥がひどい冬の時期なのに、腕がカサカサしてくることが無いのは、本当に肌の深層まで潤いが届いているのだなと思いました。

塗り始めてから一ヵ月くらいたち、アトピーの症状はほとんど治りました。【アトピスマイル クリーム】 の水分保持能力の力を高める、ライスパワー№11の力は凄いなと思いました。

使用後・・・

アトピスマイルクリームを塗り始めてから、肌がとても強くなりました。

机で勉強することは変わらない生活なのにも関わらず、新たなアトピーは発生しなくなったのです。

外部刺激に負けない状態を手に入れることができたのですね。

これで次の冬を迎えるのも怖くありません。

娘は見た目をとても気にするタイプですし、女の子なので綺麗な肌は、どうにか守ってあげたいのです。

ステロイドでアトピーの治療を行ってしまうと、色素沈着などを起こし、アトピーの跡が残ってしまいますが、アトピスマイルクリームの場合は、アトピーの跡が全く残らず、完治に至りました。

それ以来アトピスマイルクリームは、お風呂あがりの保湿に使用していますが、再発しそうな様子はありません。

というよりか、アトピスマイルクリームを塗り始めてから、もともとの肌よりもツルッとスベスベになったような気がします。

娘は春・夏になり、半袖を着ますし、水着を着る機会が増えましたが、腕が綺麗になったので、何も気にすることなく、楽しい学校生活を送れています。

子供が笑顔で自分の事を好きでいてくれると、親としてもうれしいですよね。

アトピスマイルクリームのおかげで、娘と私の中も良好になりました。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です