ぶりかえす乳児湿疹。再発させないための4つのステップ!

落ち込む
スポンサーリンク

  乳児湿疹ができたら

 どんな赤ちゃんにも乳児湿疹があらわれます。

これは、赤ちゃんの肌に脂質が多く分泌されることや、ママのホルモンの影響から生後1.2か月の赤ちゃんの皮脂量が最も多いことが原因です。

皮脂に汚れなどが付き、それが取りきれずに湿疹として赤ちゃんの顔に現れます。

キレイに産んだ赤ちゃんの肌が朝起きると赤くプツプツになっているのを見て、とても悲しくなったことを思い出します。

そしてそれが治りきらない場合は病院へいくことになるでしょう。

病院へ行くと薬がでます。

それが保湿剤の場合もあれば、酷い時にはステロイドを含んだ塗り薬になります。

薬を使うと治るのが早いです。ただ、きちんと使っていないと治ってまたできることを繰り返すことになるのです。

私も、子供にステロイドを使っていましたので使い方について一番悩みました。

「このまま使っていていいのか」

「治ったからいったんやめておこう」

まずは医師の指示にしたがうことが大事ですが、自宅でできることやステロイドについて知ることが大事です。

 

 

湿疹の原因

 大人の肌よりとても敏感な赤ちゃんの肌は、脂質が多く分泌され、それによって守られているのです。

ですが、この脂質をそのままにしてしまうと湿疹になってしまいます。

ではどうすればいいのか・・・

脂質を減らすのではなく、肌を清潔に保つことです。

私も石鹸で赤ちゃんの顔を1日2回洗うことによって湿疹が悪化することを抑えられたことがあります。

そして、それでもどうしても完治せずに症状が悪化する場合、他の原因が考えられることも多いので、受診が必要になります。

私の子供たちはそれぞれに湿疹の種類が違い、治療法も違いました。

まずは

食物アレルギーや、アトピー性皮膚炎の可能性もありますので、病院へいきましょう。

対策と治療法

清潔

 清潔にすること!

どんなに病院で薬が出ても、自宅できちんとケアをしなければ湿疹ができ、治り、そしてまたぶりかえす・・・の繰り返しです。

できる前からのケアが大事ですが、湿疹ができ始めてしまったら、再発を防ぐためにできることをしましょう。

赤ちゃんの顔を石鹸で洗うのは大変ですよね。

毎回ドキドキしながら顔を石鹸で洗い、綺麗に流したことを思い出します。

赤ちゃんの触れるもの、例えば寝具や肌着なども常に清潔を心がけてあげることも大事です。

スポンサーリンク

病院へいきましょう!

どうしてもプツプツが治らず、酷くなってきたと判断したら病院へいきまししょう。

夏の湿疹は治りにくいですし、汗疹などはかゆみを伴います。

赤ちゃんは加減を知らずかゆければ力の加減なくかいてしまいます。

病院へ行って薬を出してもらいましょう。

ステロイドが出た時は?

赤ちゃんに出る塗り薬にステロイドが出る場合は、たくさんの保湿剤と混ぜたものになるので、副作用はないと言われています。

そしてその塗り薬の塗り方を細かく教えてもらえるはずです。

その方法を守っても、治ったからやめる、しばらくするとまた再発する。

私もそれを何度も繰り返してきました。

ではどうしたらいいのか・・・

まずは湿疹が再発したらまたステロイドを塗ってあげましょう。

それが1歳をすぎそのまま2歳まで続いてしまう前に医師に相談すべきですが、かゆい時は薬を塗るしかないのです。

保湿とステロイドをうまく使う!

肌を清潔に保ち、保湿をする。

それでも酷い時は塗り薬を使う。

これで大丈夫です。

他の原因を考え血液検査を行う場合もありますが、自宅でできることはまず行い、医師から言われた通り薬を使う。

必ず赤ちゃんの肌は綺麗になりますので、じっくり時間をかけて付き合っていきましょう。

最後に

悩む

赤ちゃんへの心配ごとは尽きません。

ママは赤ちゃんになにかあるたびに最良だといわれることをしてあげたいものです。

そして湿疹はどの赤ちゃんにも起こりうることです。

まずは自宅のケアで改善されることもたくさんあることを知り実践してみましょう。

薬を使わずに肌が治せればそれはママの自信にもなり、再発を防げることになります。

どうしても治らない場合は原因を確かめるために受診をし、薬を使ってみてください。

生後2.3か月は赤ちゃんを写真におさめることが多くなるころですよね。それに合わせることは不可能ですが、なるべく綺麗な肌で写真を残してあげたいと思うのは当たり前のことです。

清潔にした肌を保湿し、ステロイドも使いながら肌をコントロールしてあげられたら、赤ちゃんのストレスもママのストレスも少なくなるはずです。

 

赤ちゃんに湿疹ができる理由はたくさんあります。

赤ちゃん本人の脂質の問題、そして、ママのホルモンの影響からくる脂質の多さ。そして、母乳から赤ちゃんに影響する脂質や糖質、アレルゲンが原因でできる湿疹。

毎日継続していくことはとても大事なことです。

たとえ再発しても焦らず、じっくり、周りに相談しながら頑張ってみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です