どうしたら顔の赤みが治るの??簡単にできるアトピー改善法!!

アトピーと顔の赤み1
スポンサーリンク

私はアトピー性皮膚炎と診断されてから、約3年間、ステロイドによる治療を続けてきました。

当初は薬ですぐに治ると思っていたのですが、薬を塗っても一時的に炎症が治まり、また再発するという繰り返しで、炎症が出るとステロイドを塗るという生活になっていました。

しかしながら、とりあえずはステロイドがあれば何とかなる生活で、この先肌の状態がどうなってしまうかなどは、考えないように現実逃避していたのです。

しかし、アトピーの再発を繰り返していくうちに、肌が常に赤ら顔になってしまっていました。

アトピーの症状が出ているときはもちろん、ステロイドで炎症が治まったあとも肌が赤みを帯びているという状態です。

「○○ちゃんっていつも顔赤いね!!」と職場の先輩に言われてからは、より隠すようになり、外出時はメイクを厚塗りし隠し、近くのコンビニやゴミ捨てに行く時ですらすっぴんで出歩くことが出来なくなっていました。

メイクが崩れていないかを何度も確認したり、すっぴんでは友人で会っても会うこと拒みます。

アトピーの炎症中はしょうがないけど、どうにかこの赤ら顔を治したいと思い、方法を調べていたところ、物凄く簡単で自分で出来る改善方法を見つけ、試してみることにしたのです・・・。

そして、赤ら顔を治す方法とアトピーを治す方法が同じということも・・・。

顔に赤みが出る原因

アトピーと顔の赤み2

顔に赤みが出る原因から探りました。

もちろんアトピーの炎症によるものというのもありますが、それ以外にもいくつかの原因があったのです。

アトピーの症状

アトピーには湿疹とかゆみという症状がありますが、この時に顔が赤くなるという症状も出ます。

肌のバリア機能の低下

肌が乾燥していると、肌のバリア機能が低下します。

肌のバリア機能が低下すると外的刺激を受けやすくなり、肌が赤みを帯びたりピリピリ痛むこともあります。

また、乾燥だけではなく、アトピーの炎症が起きた部分は、肌の水分不足が引き起こっているため、肌のバリア機能が低下し、赤みが残ります。

肌のくすみ

肌のくすみにより赤みを帯びてしまうこともあります。

肌のくすみは紫外線を浴びたり、洗顔後、顔を拭くときにタオルで強く擦ってしまったりすることで、肌はくすんでしまい赤みが引き起こります。

誤ったスキンケア

スキンケア方法を誤ると、肌の赤みを引き起こします。

スキンケアを肌のために行っているのにも関わらず、使用するスキンケア用品、洗顔方法などにより、逆に肌に刺激を与えてしまっているのです。

肌の赤みを改善するためには?

アトピーと顔の赤み1

アトピーの炎症がステロイドでおさまった後、肌の水分量は0%に近い状態となっており、肌はものすごく乾燥しています。

肌のバリア機能は全く機能していないと言えます。

肌の赤みを改善するためには、刺激・乾燥・汚れに対してしっかりと対策することが肝心です。

  • 紫外線対策
  • 正しい洗顔方法
  • スキンケア方法の見直し
  • 十分な保湿

紫外線対策

バリア機能のない肌にとって紫外線は強い刺激となってしまいます。

紫外線対策は肌に直接塗っても刺激とならない低刺激な日焼け止めクリームがオススメです。吸収剤不使用のものを選びましょう。

肌に塗ると赤みが酷くなるという 場合は帽子や日傘を活用します。

正しい洗顔方法

洗顔をすることは肌の汚れを落とすために必要です。

しかし、洗顔のし過ぎは肌を乾燥させてしまい、赤みを悪化させてしまいます。

1日1回から2回で十分です。

十分に泡立てた洗顔料で肌を擦らないように優しく洗い、しっかりと洗い流します。

タオルで拭くときも擦らずに優しくプレスするように清潔なタオルで水分を拭き取ります。

また、洗顔に使用するお湯の温度が高すぎてしまうと、肌に必要な皮脂を洗い流してしまい、洗顔後も乾燥しやすくなるので、30度くらいのぬるま湯を使用しましょう。

スキンケアの見直し・十分な保湿

洗顔後のスキンケアは洗顔からできれば3分以内。遅くとも5分以内には行います。

それ以上時間が開くと、肌の水分が急激に蒸発してしまい、酷い乾燥を招きます。

洗顔後はすぐにスキンケアを行いましょう。

また、スキンケア・保湿を行うときに、パッティングするのは良くありません。

刺激となるので優しく肌を包み込むように行うのが正しい方法です。

赤み肌を改善とアトピー完治の関係

アトピーと顔の赤み2
スポンサーリンク

赤み肌は肌のバリア機能が低下していまっているため、外的刺激を受けやすかったり、乾燥により赤みを帯びてしまうということが分かったところで、もう一つ判明したことがあるのです。

アトピーの炎症がステロイドで炎症が治まるのに、また再発してしまう原因です。

それは肌バリア機能の低下によるものだったのです。炎症により著しくバリア機能が低下しているため、肌はまた刺激に負けてしまい、アトピーの炎症が引き起こってしまうのです。

ということは、肌の赤みを改善すると共に、アトピーの完治にも至るという考えになりました。

とはいえ、私はステロイドを塗り始めてから、ステロイドの上から保湿剤を塗るということもなく過ごしてきたので、十分に保湿するアイテムを持ち合わせていませんでした。

肌の赤みを改善するクリームは・・・

アトピーと顔の赤み3

私はまずアトピー肌でも異常なく使用できるクリームで、保湿も十分に行えるクリームを探すことにしました。

すると丁度テレビで肌のバリア機能についての情報が放送されていました。

そこで出てきたのがライスパワー№11という成分が肌の水分保持能に作用?、肌のバリア機能を高めてくれる?というものだったのです。

肌のバリア機能を高めてくれる成分は世界で唯一、ライスパワー№11だけで、その成分が含まれて要るのは【アトピスマイル クリーム】だとか・・・。

世界で唯一効くなら・・・試してみよう!!と思い、すぐに購入してみることにしました。

アトピーは完治しなくても、肌の赤みくらいはおさまってくれたらな~・・・。

くらいの気持ちでしたね。

アトピスマイルクリームを使用!

私はステロイドでアトピーの炎症が治まってから【アトピスマイル クリーム】を塗り始めました。

最初の1週間、2週間、3週間と特に肌に大きな変化は無く、肌の赤みもそこまで変わった様子はありませんでした。

薬のような即効性は無い!!もう使用を辞めようかな・・・。と思ったのですが、肌の生まれ変わりは正常な肌でも28日周期くらいだと知っていたので、もう少し続ければ肌の生まれ変わりが起こり、肌が変わるかも??と思い、もう少しだけと使い続けて見ました。

すると予想は的中、なんだか急に肌の赤みが消えて、肌がものすごくきめ細やかになった感じがしたのです。

これを続ければ、赤みが完全に消えてくれるかもと思い、2か月3カ月と朝と入浴後の肌に塗り続けました。

塗り始めてから3カ月、ここ数年で見たこともないほどの肌の透明感、赤みが無い肌を見ることが出来たのです。

自分の肌ってこんなに綺麗だった?赤みが消えただけでこんなに綺麗ではなかったはずと自分の目を疑うほどに、毎日鏡を見るのが楽しくなっていました。

そして、ここ3カ月以上、ステロイドを使っていないことに気が付いたのです。

そういえばアトピーが再発していない!!

私は肌の赤みを改善するために【アトピスマイル クリーム】を使いはじめ、アトピーまでも完治することが出来たのです。

最後に

肌が赤いだけで、本来の自分よりも数倍可愛く無くなった気がしますよね。

ファンデーションを塗るだけで、物凄く印象が変わります。

それだけ肌をきれいに保つことが出来るということは、本来の美しさを引き出してくれるということなのですね。

また、ステロイドをあのまま使い続け、満足していたら、今ごろ長期使用による副作用で、肌が固くなってしまったり、色素沈着なども引き起こっていたかもしれません。

そうなってしまえば、赤みが消えたとしても、肌のゴワゴワや色素沈着は消えるまでにかなりの時間を要すことになっていました。

ステロイドで治し続けていれば何とかなるという考えから、アトピスマイルクリームに出会い、本当に救われた気持ちです。

顔だけに朝晩塗る私ですが、1本で1ヵ月ほど持つので、コスパも良く使い続けています!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です