つらいアトピーのリバウンド!!私のある行動に原因があった!?

なく女性
スポンサーリンク

アトピーのリバウンド、その言葉だけ聞くとアトピーになったら太ってしまうのか。。。と最初は思ってしまいました(笑)

しかしここで言うリバウンドとは、症状の悪化のことを言うんです。

一回よくなってきたのにいきなりかゆみが増したり悪化する。

私も手荒れが最近は主ですが、よくなったと油断したすきに悪化してしまうので困ったことも。。。

アトピーで一番つらいのはリバウンドだといっても過言ではないかもしれません。

リバウンドの原因はステロイド?

よく、アトピーのリバウンドはステロイドの毒のせいだ。などという言葉を耳にすることがありますが、本当にそうなんでしょうか?

ステロイドを使っている人たちが必ずリバウンドを起こすわけではありません。

ステロイドが悪い!というわけでもないんです。

リバウンドを起こしてしまうのは不適切な時期に急に治療をやめてしまった人たちに出やすいんです!

私も、強めの薬を使っているのに「よくなってきた」や「最近調子いい」ということを理由に自然と薬を使うことを怠ってしまうんです。

そうすると数日後に、急に痒くなってきて薬を使う前よりもひどくなってしまいます。

その度に皮膚科に行くのですが、担当医に「ちゃんと塗らないから!自分の判断で勝手にやめたらだめだよ!」と怒られてしまいます(笑)

 ステロイドの毒と言われるものはなに?

傷口から出てくるものを「ステロイドの毒」という表現をされてきてた時もありましたが、それはステロイドの毒なんかではないんです!

傷口から出てくるものは傷を治すために体が作り出している、一般的に言う「汁(つゆ)」というものです。

体に無害な物じゃなんですよ!

 リバウンドしない方法

リバウンドを起こさずにアトピーを治すためには、まず薬を勝手にやめないことです。

私もよく先生に怒られます。という話をしましたが、ステロイドも含めどんな薬にも弱いものから強いものまでレベルがあるんです。

大体病院に行くときは、ひどい状態の時に行きますよね?

なので、その時に一番効く段階の薬が支給されます。

それを急にやめてしまうと、リバウンドが出てしまうのはなんとなくわかります。

スポンサーリンク

なので、よくなってきたなと思ったらもう一度病院に行くことをお勧めします!

私も、担当医に怒られてからは「よくなってきたな。薬塗らなくても大丈夫かな?」と思った時に病院に行くようにしています。

そうすると、弱めの薬に変え適量だと判断された分を処方してくれるのでそれがなくなるまで使うようにするんです。

そしてまたなくなると、病院に行きます。

少し時間も病院代もかかってはしまいますが、一番確実な方法です。

そのほかにも、普段のケアが必要になります。

薬をコマメに塗れないときは、ハンドクリームなどで保湿をコマメにするなどです。

私も今飲食店で働いてるため、手を洗うことが多いのですがその度に塗り薬を出して塗ることが難しく、手が乾燥したまま働いてひび割れを起こしたり、手荒れが悪化したりしてしまっていました。。。

しかし、ポケットにハンドクリームを入れておいて手を洗うたびに保湿をするようにしてからは、乾燥して皮膚がはがれてきたり痒くなったりしにくくなり、アトピーの悪化を抑えることができています!

他にも、睡眠をきちんととるなどアトピー対策の方法をとってみるなど、薬と一緒にやってみるといいと思います。

私のように、仕事上頻繁に手を洗う方や、忙しくてすぐに薬を塗ることができない方なども多いと思います。

 まとめ

  1.  薬は自分の判断でやめない。
  2. よくなってきたと思ったら病院にいく。
  3. 保湿などの肌ケアを怠らない。

 

これらのことに気を付ければ、全くリバウンドを起こさない!とは言えませんが少なくとも起こりにくくすることやきちんと治すことに一歩前進できると思います。

病院で薬をもらっている人がほとんどなのかなと思いますが、病院で薬をもらっている以上、自分ので薬を使わなくなるのはやめたほうがいいと思います。

私のように、悪化してからもう一度行って怒られた経験がある人もいるのではないでしょうか?(笑)

私の周りに看護師の方などが多くいますが、医療関係の仕事をしている人は全員「いきなり自己判断で薬をやめるのはリバウンドを起こしやすい」と言っています。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です