その乳児湿疹、ミルクか母乳が原因かも??簡単にできる対処法とは??

ミルク飲む赤ちゃん
スポンサーリンク

赤ちゃんに母乳やミルクをあげることは、赤ちゃんとコミュニケーションを取る方法としてもっとも必要なことです。

母乳やミルクをあげる時の赤ちゃんとママの顔の位置は、赤ちゃんがママを認識するのにちょうどいい距離だからです。

初めてあげた母乳やミルクを飲む赤ちゃんの姿を見て、なんとも言えない幸せな気分になったことを思い出します。

ママの匂いをかぎながら、安心して母乳やミルクを飲むことは赤ちゃんにとって一番安心できる時間かもしれません。

 

 

乳児湿疹ができはじめたら

 乳児湿疹とは、生後1.2か月頃から、首から上にできる湿疹のことを言います。

それが酷くなったまま完治せず、乾燥した黄色いかさぶたのようなものが出てきて、赤くなりジュクジュクとした感じになり始めます。

そしてこの湿疹がこの先どうなるかで対処の仕方が変わってきます。

まずは現在ママが赤ちゃんに何をあげているかを教えてください。

そこから以下の内容を読み、乳児湿疹なのかアトピー性皮膚炎なのか、食物アレルギーなのかを判断していきましょう。

完母のママへ

母乳のみで赤ちゃんを育てている場合、湿疹の原因が母乳の場合があります。

赤ちゃんは産まれてからしばらくはママのホルモンの影響から皮脂が大量に分泌されます。そのために汚れや皮脂が肌につき湿疹ができることがほとんどです。

それに加え、ママの食事が油っぽいものばかりだと、母乳を通じ赤ちゃんに脂質分や当分の多い母乳をあげてしまうことになるのです。

また、偏った食事で母乳量が増えた場合、たまった母乳がすべて飲みきれず体内にたまることになるので、質が落ちます。

そして、赤ちゃんがアレルギーだった場合は、ママが摂取したアレルギー物質によって赤ちゃんの湿疹を酷くしてしまう場合もあるのです。

対処法

まずは、皮脂の分泌が多い赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげることです。

ガサガサ肌の赤ちゃんを石鹸であれるのは抵抗があると思います。

ただでさえ小さな顔を洗うのは大変ですよね。

主人に頼んだとき、見ていてヒヤヒヤしたことがあります。

ですが、きちんと洗って綺麗にしていることがとても大事なのです。

そして、ママの食事は和食中心にすることで、ママの栄養バランスも良くなりそれがそのまま赤ちゃんにとって良い母乳につながるのです。

半信半疑で食事に気を付けてみたことがありましたが、私の場合子供の湿疹は良くなっていきましたし、母乳の質がよくなったからか飲む量も増えました。

油っぽいものは避け、糖分も少なくし、何を食べたら良くなったかなどをメモしておくといいかもしれませんね。

ミルク、または混合のママへ

ミルクの場合、ミルクが直接湿疹に関係あることがあるとしたらそれはミルクアレルギーが原因です。

乳児湿疹はたいがい3,4か月すると完治してくるものです。

でも、治りが遅く酷くなっていくようなら食物アレルギーを疑います。

スポンサーリンク

顔や身体中が赤くなったり、吐いたりするときは早急に受診する必要がありますが、元気に飲んでいるようならば、離乳食が始まる前に調べることをお勧めします。

私は粉ミルクに反応した子供を救急で見てもらったことがあります。びっくりしてかなり動揺しましたが、医師の迅速な対応で何事もありませんでした。

対処法

母乳の場合と同様、肌を清潔に保ってあげましょう。

赤ちゃんの触れるもの、例えば寝具や肌着なども常に清潔を心がけ、夏場など汗をかきやすい時期にはこまめにシャワーやガーゼでふいてあげることが大事です。

赤ちゃんの爪もきちんと切って、顔に触れても傷ができないようにしてあげましょう。

そして、それでも治りが悪く酷くなる場合には、病院へ行きましょう。

血液検査をすれば原因が特定され、治療方法がきまります。

母乳もミルクも関係ない湿疹もある

赤ちゃんの手

 乳児湿疹は、どの赤ちゃんにも起こりうることです。

母乳の質が良くてもミルクアレルギーではなくても、湿疹が出る子はたくさんいます。

乾燥した肌がカサカサジュクジュクし、その箇所からバイ菌が入ってしまうことがあり、長引くこともあるのです。

長引く場合は病院へ行って相談することが大事です。

塗り薬は、保湿剤の他にステロイドがでることが多いです。

ステロイドを嫌煙する方は多いと思いますが、継続してダラダラと使い続けることが悪いのであって、赤ちゃんにでる薬は強くないので服用もほぼ出ないと言われています。

実際私の子供は3人ともステロイドを使用したことがありますが、なんの問題もなく成長しました。

まとめ

2人の赤ちゃん

 赤ちゃんの肌はとても敏感です。

大人の肌よりもとても薄いからです。

皮脂が多く分泌されるのは、そんな弱い肌を守るために起こることなのです。

なので、その皮脂を少なくするのではなく、清潔に保ってあげることが大事です。

そしてその多い皮脂量がもっと増えてしまわないように、ママの食事にも気を付ける。

ミルクの場合は赤ちゃんの口の中に入るものは関係ないので、赤ちゃんの肌に触れるものに注意しましょう。

乳児湿疹ができたら、まずは自宅でのケアと、赤ちゃんがなにで栄養を取っているかを見直し、原因となることを改善していくことが大事です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です