これも乳児湿疹?赤ちゃんの頭皮にできた「かさぶた」と「フケ」

頭皮湿疹
スポンサーリンク

我が子は生後3ヶ月を過ぎた頃、急に頭皮からフケが浮き出てくるようになりました。

最初はしっかりと洗えていないのではないか、汚い状態にしてしまったのかなと思っていたのですが、何度もしっかり毎日洗っていても、フケが治まらず逆に酷くなっていきました。

更に頭皮をよく見てみると、かさぶたが出来ていて、頭皮が痛々しい状態になっていたのです。

慌てて皮膚科に受診してみたところ、乳児湿疹だと診断されました。

私の乳児湿疹へのイメージとしては、顔や体に赤い湿疹が出るという感じだったので、頭皮のフケやかさぶたが乳児湿疹と言われ驚きましたし信じられませんでした。

しかし、乳児用の子育て本などを読んでみると頭皮からフケが出たりかさぶたが出来るのも乳児湿疹の1つだという記載がありました。

皮膚科での治療方針としては、洗いすぎに注意し、かさぶたが自然に剥がれ落ちるまで待てば治ると言われました。

その後もシャンプーは赤ちゃん用のものを使っていましたし、毎日夜に一回だけの入浴という生活が続いたのですが、フケが治まる様子もかさぶたが無くなる様子もありませんでした。

どうして治らないのだろう。祖母には頭を洗ってあげていないからだ、とも言われ、悩みました。

頭皮のフケやかさぶたは乳児湿疹!

赤ちゃんの入浴

生後3ヶ月を過ぎたころから、頭皮からフケが出ていたりかさぶたが出来た場合、ほとんどの原因が乳児湿疹です。

主に顔と頭皮の境目や、髪の生え際、眉毛などに症状が現れます。

フケやかさぶたの原因は?

頭皮にかさぶたやフケが出てきてしまう乳児湿疹の原因としては、ママのお腹にいたときの女性ホルモンの影響で生後3ヶ月頃までは皮脂の分泌が過剰で、赤い湿疹が出来たり湿疹部分がぐちゅぐちゅしてしまうような乳児湿疹ができやすいのです。

しかし、生後3カ月を過ぎた頃からは、急激に皮脂の分泌が減ってしまい、物凄く乾燥しやすくなります。

その為頭皮が乾燥しかさぶたやフケが出てきてしまうのです。

頭皮のフケやかさぶたへの対処法は?

 

頭皮が乾燥することでなりやすくなってしまう乳児湿疹なので、頭皮は清潔に保つことが大切ですが、洗いすぎると逆に乾燥を招いてしまうので気を付けなければいけません。

シャンプーの回数は?

シャンプーボトル

フケやかさぶたが出来ているときは、赤ちゃんにしているシャンプーの回数を見直してください。

汗をかくことが多くなる時期夏場などは何度も洗ってあげてくなる気持ちはありますが、夜だけシャンプーを使うなど、一日1回までにとどめておきましょう。

赤ちゃんのシャンプーは肌に低刺激なもので作られているため、洗浄力がひくいのではないかと一度のシャンプーで何度か洗ったり、シャンプーを多めにつけるのはやめてください。

実は大人のシャンプーよりも洗浄力が高いため、使いすぎたり何度も洗い直したりすると、必要な皮脂までもを洗い流してしまい、洗い過ぎという状態になり乾燥を招きます。

洗い方は大丈夫?

汚れをしっかり落とそうという気持ちがあるため、強めにゴシゴシしてしまうのは悪化の原因となります。

指の腹の部分を使って優しくマッサージするように洗ってあげると良いです。

ぬるめのお湯で流すべし!

頭皮を流す時は最低でも38℃、38℃以下のお湯で洗い流してあげましょう。

お湯が熱すぎると必要な皮脂までもが洗い流れてしまうため、酷い乾燥を引き起こしてしまいます。

ぬるめのお湯だと程よく汚れが落ちるので良いです。

またかさぶたは無理に剥がすことなく、自然と剥がれていくのを待ちましょう。

保湿を忘れずに!

入浴後は10分以内、できれば3分以内に頭皮が乾燥してしまう前に保湿してあげなければいけません。

スポンサーリンク

頭皮に保湿は必要なの?

オリーブオイル

頭皮のフケやかさぶたを治すために、お風呂上りに頭皮を保湿したほうが良いという事を知ったものの、自分自身は肌は毎日保湿するものの、頭皮の保湿というものはしたことが無かったので、本当に必要なのか、どうして必要なのか気になりました。

通所頭皮は皮脂が分泌されやすい部位であり、保湿ケアをしなくても正常な状態を保つことができやすいのです。

しかし、ホルモンの影響で皮脂の分泌量が減ってしまていたり、フケを見て不潔なのかもしえないと思い洗ってしまった頭皮は皮脂が足りなくなってしまい、症状は余計に酷くなります。

保湿をすることで、かさぶたやフケは落ち着き、頭皮の状態も潤っていると健康的な状態を保つこと出来るため、大切なのです。

頭皮の保湿ケアの方法は?

赤ちゃんとはいえ、髪は生えていますし、自分は頭皮の保湿ケアをしたことが無いので、どうしたら良いのか迷いましたが、肌に使用している保湿剤を頭皮に塗るというケア方法で問題ありません。

しかし、髪の上から塗ってしまうのは、もちろんベタベタしてしまうため、頭皮へ手を入れこみ、頭皮にのみ塗るようにしましょう。

また、ベタベタしている薬でなく、軽めで塗った数分後には嫌なベタベタ感が減るような保湿剤を使うと良いです。

我が子へ使用!フケかさぶたの完治!乳児の笑顔

肌に合わない保湿剤を使用してしまうと、悪化してしまうという事で、肌に優しく刺激を与えない優しいクリームを選ぶ必要があります。

そこで肌に優しい成分で作られている保湿剤はなんという商品なのか調べてから薬局へ行こうと思い、まずはインターネットで調べてみました。

すると【アトピスマイル クリーム】 という保湿剤を見つけたのです。

湿疹や炎症を抑えるためではあるものの副作用や依存性のあるステロイド系薬は一切使用されておらず、アレルギーの原因となるカゼインも含まれていません。

また香料や着色料も使用されておらず、主成分はお米で抽出されたライスパワー№11というもので、普段から食べている物で出来ているのであれば、きっと肌に優しく保湿してくれるだろうと思いました。

薬局には売っていない商品という事でインターネットで注文しました。

頭皮に実際に塗ってみたのですが、髪に付くことなく塗ることが出来ましたし、嫌なベタベタ感は少ないので使い後ことが良かったです。

また数日塗り続けてみたところ、フケが少々治まり、かさぶたもいい感じに自然と剥がれ、綺麗な頭皮が見えてきました。

頭皮の乳児湿疹にも保湿剤は必要なものなのですね。

また、肌に優しい【アトピスマイル クリーム】 のおかげで使用の問題は一切なく、使用きました。

匂いもないので安心です。

経った1ヵ月余りで頭皮のフケとかさぶたはしっかりと治りました。

頭皮を保湿しなければいけないという事をしらなければ、今もフケやかさぶたに悩んでいたはずです。

完治後も、頭皮が乾燥していそうな日にはアトピスマイルクリームを塗るのですが、乳児湿疹やその他の肌トラブルに見舞われることもありません。

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です