これなら使える!敏感肌のアイメイク事情(アイライナー編)

敏感肌とアイライナー1
スポンサーリンク

アイメイク大好きで、アイシャドウをグラデーションしたり、キラキラのアイラインをひいたり、涙袋を偽造したり、毎日いろいろなメイクを楽しんでいますが、時々目の調子が悪くてどうしてもアイメイクをしたら、目が痛くて涙が止まらない…(;_;)鏡を見ると目が真っ赤に!なんて経験があります。

かゆいし痛いし、もうこのまま一生アイメイクできなかったらどうしようとガクガク震えていましたが、敏感肌用のアイコスメも種類は豊富ではありませんが販売されているんですねぇ♪

アイライナーは、色や、ラインの太さ、質感といった仕上がりだけでなく、にじみにくさやクレンジングのしやすさなどといった利便性も大事でなのですが…まばたきや涙の影響で崩れてしまいやすいコスメであるが故、なかなか使用感と肌に合うという2点を兼ね備えるのが難しいんですよね。

コンタクトユーザーで脂性肌の私からするとアイコスメ選びはかなり難しい問題です。パッケージがかわいいとか流行っているとかいう安易な情報で使うと夕方頃に恐ろしいほどのパンダ目になり撃沈です。

救世主的な存在の、お肌に優しい処方でつくられているアイライナーをご紹介します♪

お肌に優しいアイライナー2点をご紹介♪

☆アクセーヌ スムースパウダーアイペンシル PV ライナー

http://www.acseine.co.jp/shop/g/g4900421007YEL/

こちらは、とくに刺激に敏感な、目の際にもやさしいアイライナーペンシルです。

カーボンブラックフリーの処方で、なおかつ色素が直接肌に触れないPV(パーフェクトヴェール)という独自の技術が採用されている商品です。

カーボンブラックとは、かなり細かい炭素のことです。天然ガスや液状炭化水素の不完全燃焼または熱分解によってつくられます。

毒性やアレルギーは起きにくいといわれていますが、軽度の皮膚刺激性が確認されています!

長期にわたる皮膚接触では皮膚の乾燥や刺激をともなうことがあるという報告があり、使用頻度が高くなると刺激や乾燥などの症状が起こる可能性がある成分です。

お肌のバリア機能が弱まっていると、軽度の刺激でも炎症の原因となっているのかもしれません。

こちらは、カーボンブラックと同じく、お肌の刺激となる可能性のある“パラベン(防腐剤)”を含んでいないことも大きな特徴です。

☆MIMCミネラル リキッドアイライナー

https://store.mimc.co.jp/products/detail92.html

こちらはミネラルファンデーションなど肌に優しい成分を使用したコスメが人気な、外国ブランドから販売されているリキッドアイライナーです。

スポンサーリンク

おしゃれな雑誌とかに載っているから本格志向なイメージで好印象なブランド!ここのミネラルファンデーションも使ってみたい~。このアイライナーは、リキッドタイプなので貴重な商品です。

気になる成分は、天然成分92%のナチュラル処方です。にじまないことや速乾処方のリキッドタイプなので、ヨレやパンダ目、まぶたの他の部分への色移りも心配もないことがウリだそう!

また、こちらもカーボンブラックを使っていません。さらにお湯でするっと落ちる処方ですので、クレンジングで敏感なお肌をさらに痛めてしまう可能性は低いです!

刺激の少ない処方のアイライナーは敏感肌用のコスメラインや、成分にこだわった化粧品会社から、あまりバリエーションは多くありませんが販売されています。

しかしながら、アイライナーというかなり目の際に使うコスメという特性上、多かれ少なかれ刺激のある化学物質を含んでしまいます。。。

そのため、どうしてもお肌に合うアイライナーが見つからない方もいらっしゃるかと思います。

なかなかご自身に合うアイライナーが見つからない方は“アイカラー”なら比較的、合わない成分が入っている可能性が低いのではないかと思います!

お肌に優しいアイカラー2点をご紹介

NOV アイカラー

http://noevirgroup.jp/nov/g/g54601/

1,944円(税込)

タール色素不使用、無香料・低刺激性、パッチテスト済み、アレルギーテスト済み

敏感肌とアイライナー2

エトヴォス ミネラルクラッシィシャドー

4,000円(+税:320円)

シリコン・鉱物油・界面活性剤・タルク・防腐剤・ナノ粒子・タール系色素不使用のアイシャドウの中ではめずらしい処方です。

肌の刺激となってしまう成分はかなりカットされているので、試してみる価値はありそうです!ブラウンの色展開も豊富なので、きっとどなたにでも似合うカラーを見つけられると思います♪

『目の印象を素敵にする!』という意味では、カラーコンタクトといった手もあります♪

敏感肌用のアイライナーは、他のコスメに比べてコストが高く、ニーズがまばらであることからバラエティショップやドラッグストアで展開していないことが多いので、インターネット販売を検索すると情報を得ることができやすいです♪

じっくり調べて、お肌に合うコスメをみつけましょう☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です