これってアトピー?炎症についてリアルな体験をお話します!

アトピーと炎症1
スポンサーリンク

湿疹が出たり、皮膚がかゆくて掻き傷を作ってしまったりすると、これってアトピーなの?と心配になりますよね。

皮膚科で診察してもらうのが一番ですが、実際のアトピーの炎症ってどんなものなのか、知っておきたい方もいるのではないでしょうか。

私は子供の頃からアトピーでしたが、大人になった今はずいぶんと良くなりました。でも、炎症がひどい時もありましたし、なかなか良くならず悩んでいた時期も長かったです。

今回は、そんな経験を踏まえて、アトピーの炎症がどんなもので、どう対処すれば良いのかについて書いていきたいと思います。

アトピーの炎症は普通の炎症と何が違うの?

アトピーは、ハウスダスト(家のホコリ)などにアレルギー反応を起こすもので、健康な人なら全く問題ないようなものに対しても敏感に反応します。それに、アトピーの人は皮膚が乾燥していて弱く、かぶれやすかったりもします。

また、アトピーは他のアレルギー症状を伴う人が多いです。私も、ぜんそくや結膜炎などがありました。

ちなみにアトピーでない湿疹などの炎症は、原因不明のものもあるようです。ただ、原因不明である以上は、区別がつきにくいと思いますので、自分で判断せず皮膚科医に相談しましょう。

アトピーの炎症はどんなものなのか

アトピーの肌は乾燥しているので、触ると少しカサカサします。

そこに炎症が起きると、我慢できないほどのカユミがあり、患部を掻いてしまうと赤くなります。場合によっては掻き傷が出来て血が出てしまいます。

また、一度湿疹ができてしまうと、どういうわけか同じところがかゆくなり、炎症を繰り返します。そして、炎症を繰り返すと、とても治りにくいです。

炎症の出やすいところは?

 アトピーと炎症2

アトピーは、超敏感肌の乾燥肌なので、皮膚の薄くて乾燥しがちな部分は炎症が出やすいです。首や、腕の内側、お腹周りなどがそれに当たります。

そして、ホコリだけでなく自分の汗にも反応してしまうので、汗が溜まりやすいところにも炎症が出ます。

よく出るのは、ひじ、ひざの裏、わきの下などです。

また、感覚の鋭いところも、カユミを感じやすく、どうしてもすぐに掻いてしまうので炎症を繰り返しがちです。

手の指や甲は、何か物が触れたら、すぐに気がつけますよね。

それと同じでカユミにも敏感なので、我慢できずに掻いてしまい、炎症を繰り返しがちです。

スポンサーリンク

ここまで読んでお気づきになられたかも知れませんが、それぞれの理由や原因は違っても、アトピーの炎症は全身に出ます。

頭皮も、乾燥や汗で湿疹が出ますし、足の甲にも出ますので、まさに頭のてっぺんから足のつま先まで、と言ったところでしょうか。

アトピーの炎症を抑える方法

 アトピーと炎症3

まず、皮膚科が処方する炎症を抑える塗り薬についてですが、ステロイドかプロトピックが多いです。

ステロイドは昔から処方されている薬で、塗るとカユミが抑えられ、傷も治りが早いです。

皮膚が薄くなったりする副作用が指摘されていますが、誤った使い方をすると目立って出ますので、必ず医師の指導した通りに塗ってください。

プロトピックは、ステロイドを使わない、比較的新しい薬です。

こちらも、皮膚が熱くなるなど、副作用はあります。

私の場合、プロトピックを塗って皮膚が熱くなるのに、どうしても慣れることが出来ませんでした。なので、今は使っていません。

自分に合う薬を処方してくれる医師との出会いが、改善のきっかけになりますので、なかなか良くならない場合は、通院先を変えてみるのも手です。

塗り薬以外に有効なのは、患部を冷たい水やアイスノンで冷やすことです。

肌の感覚がなくなり、カユミも引きます。また、メンソールが入ったハッカ油などを塗っても、スーッとしてカユミを感じなくなります。

その代わり、肌に良いとはとても思えないほど、もの凄く痛いので、あまりおすすめはしません・・・。

ちなみに、私はストレスの多い生活をしていた時、炎症がひどかったです。

受験の時や、会社の仕事が忙しかった時に、アトピーはひどくなりました。

なかなかむずかしいことだとは思いますが、ストレスを減らす心がけが、何より有効かも知れません。

アトピーの炎症についてのまとめ

  1. アトピーの炎症はアレルギー反応を伴っている。
  2. アトピーは、まず乾燥があり、そこが我慢できないほどかゆくなって、掻くと炎症は繰り返す。
  3. アトピーで炎症の出やすいところはあるが、全身にも出る。
  4. 炎症の対処法は、即効性なら冷やすのが有効、長期的ならストレスを減らすべし。

アトピーは湿疹などの炎症を繰り返しますし、アレルギー反応を伴うので、わかりやすい気はします。

でも、湿疹ができたら、アトピーでなくて他の皮膚疾患かもしれませんので、まずは皮膚科医の診察を必ず受けてくだい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA