おでこのかゆみ、なんとかしたい!アトピー改善に必要な3ステップ

アトピーとおでこ1
スポンサーリンク

おでこのアトピーって本当にストレスが溜まりますよね。

私はいつも前髪で隠していました。

だけどそれを続けていると、おでこに前髪が当たって、余計痒くなったんですよね。

なにも改善しませんでした。

そこで私は、どうしたらおでこのかゆみが取れるのかを調べ、実践し、改善することができました。

そこで今回は、私がどうやっておでこのかゆみを治したか?、について紹介します。

アトピー肌の構造を知ろう!

アトピーとおでこ2

アトピーで痒くなってしまったときに何が原因かを探らなければ、対策のしようがありません.

まずはアトピーでないひとの皮膚とアトピーのひとの肌の違いを比べてみましょう。

アトピーでない人

アトピーでない人は、すべての機能が整っている肌です。当たり前ですね。

外に出かけて、汚れがついたり、少し動いて汗をたくさんかいて、肌に負担がかかります。

そういった肌にかかる負担をものともしない肌がアトピーでない人の皮膚です。

アトピーの人

アトピーの人は、皮膚のバリア機能が壊れています。

なにか皮膚に汚れがつくと、いつもならどうってことない刺激でも、敏感になりすぎて、皮膚が異常に反応してしまいます。

これは免疫システムが「あぶなそうなやつがきたから攻撃しろ」と、危機感を感じて、行動するのですが、その攻撃をやりすぎてしまうんです。

この皮膚の状態が続くと、免疫神経が皮膚の表面の近くにいつもスタンバイをして、敵を待ち受けている状態になり、刺激を感じやすくなります。

ただ手で皮膚をさすっただけで、異常に免疫神経が反応して、炎症が起こることもあります。

私がおでこのアトピーを改善させた3つの方法

アトピーとおでこ3

ステップ1 お湯で洗う

アトピーで対策として、体を常に清潔にすることは非常に重要です。

しかし、シャンプーや洗顔料には脂汚れを取る、薬品が多く含まれています。

アトピー肌で、毎日シャンプーと洗顔料を使っていたら、肌が常に乾燥し、いつも炎症がおこっている肌になります。

そこで、私が試したのが、お湯だけで体を洗うことでした。

いきつけの皮膚科医に、「お湯で流すだけで、汚れはほとんど落ちます」と言われ、実践してみました。

この方法を最初試した時に「お湯だけで汚れちゃんと落ちるかな?」と思っていたのですが、これがかなり良かったです。

いままではシャンプーと洗顔料の刺激でおでこに負担がかかりすぎて、なかなか治らなかたっんだなー、と理解できました。

スポンサーリンク

ステップ2 髪を短くする

髪が長い人は今すぐに髪を切ることをおすすめします。

なぜなら、髪が長いと顔に髪が当たり、それが刺激になってアトピーが悪化します。

そして、髪を洗ったあとにドライヤーをかけても、すぐに乾かないので、ドライヤーの熱で頭皮はもちろん、おでこにも余計な負担がかかってしまいます。

それでも長い髪のままでいたい、という人は髪を縛る。

髪を洗った後はタオルドライ(タオルを頭に巻いて水気を切る乾かし方)をしてから、ドライヤーをすると皮膚にかかる負担が減るので、試してください。

ステップ3 アトピー改善に効く栄養素をとる

ビタミンB群

ビタミンB群には、アトピー治療ではかかせない、ステロイドホルモンを体内で作る副腎のはたらきを活発にします。

副腎はストレスを感じると、ストレスホルモンを分泌をしてしまい、アトピーが悪化します。

アトピー患者のひとはかゆみはもちろんのこと、顔の炎症がひどければ顔をマスクで毎日隠して仕事をしたりと、ものすごいストレスを抱えてしまいます。

そこで、ビタミンB群を摂取すると、弱った副腎のはたらきを助けるので、アトピーの悪化を防ぎます。

ビタミンC

ビタミンCは皮膚の炎症を抑え、解毒作用があります。

さらにビタミンB群同様、副腎のはたらきを活発にします。

そして、疲労回復、免疫力がアップするなど、ビタミンにはアトピー改善のために必要な要素がたくさん含まれているのでぜひ摂取しましょう。

サプリメントを使って、ストレスなくおでこアトピーを改善しよう

アトピーとおでこ4

サプリメントはとても便利なアイテムです。

なぜなら、アトピーに必要な栄養素を全て食品から摂取しようとすると、とてもつもない量の食べ物を食べなければいけないからです。

最初は続くかもしれませんが、だんだんストレスを感じるようになり、続けるのことが困難になります。

そこで、サプリメントをうまく活用すると、毎日数回だけ飲むだけで、簡単に必要量を摂取することができるので、続けることが簡単なので、せひサプリメントは取り入れましょう。

まとめ

アトピーとおでこ5
  • アトピーのひとはバリア機能が壊れていて、少しの刺激でも過剰に反応して、免疫細胞が活発になりすぎて、皮膚まで攻撃してしまう。
  • おでこアトピーの対策は、お湯で洗い、髪を短くして、必要な栄養素(ビタミンB群、C)を摂取すると改善する。
  • アトピー改善のために、食品から必要な栄養素を摂取することは大変なので、サプリメントをうまく使い、楽に改善を目指そう!
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です