いつまで続く?いつ終わる?赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんとアトピーといつまで1
スポンサーリンク

終わりがみえない痒み…

多くの人を苦しめるアトピー。

中でも大人ほど掻くことを我慢できない赤ちゃんのアトピーはとてもやっかいです。自分のアトピーでもこれだけ辛いのに、赤ちゃんのアトピーとなるともつまと辛いだろうな、心を痛める毎日ではないでしょうか?

この子のアトピー、いつまで続くの?いつになったら終わる?

全国のお父さんお母さんは常々そう思っているのではないでしょうか?

幸い小児性アトピーは多くの赤ちゃんが成長とともに克服、または症状に改善が見られます。

実は私にも3歳の息子がおりまして、アトピーを患っております。

一時は体中掻き壊しで、至る所血だらけでアトピー特有のジュクジュクとした肌になってしまっておりました。

それでも先に述べたように成長に伴い改善が見られています。

今回は、何かの参考になればと、その時の経験や様子についてまとめました。

赤ちゃんのアトピーはいつから始まる?

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

全体的に肌の厚さも大人の半分程しかなく、外からの刺激を受けやすくなっています。

そのため生後2ヶ月くらいから多くの赤ちゃんに肌が赤くなる湿疹が発生します。

これを乳児湿疹といいますが、アトピーほど思い症状はなく大抵保湿をしっかりとすれば改善します。

しかし、乳児湿疹と思い保湿をしっかりとしても良くならないケースがあります。これはアトピーの可能性があります。私の息子も生後2ヶ月くらいから乳児湿疹が発生し、しっかりと保湿はしていたつもりですが良くなりませんでした。

そして生後半年程たった頃にお医者さんからアトピーと診断されました。

あとから調べて分かったのですが、うちの息子のような

乳児湿疹がいつまで経っても良くならず次第に痒みを伴いアトピー化する、というのが、赤ちゃんがアトピーになっていく、よくあるパターンのようです。

いつ頃から症状は良くなる?

赤ちゃんとアトピーといつまで2

一般的には、多くの小児性アトピーの子どもは成長と共に症状が改善する、と言われています。

成長と共に免疫が強くなり、少しのことではアレルギー反応が起きなくなったり、

食物アレルギーも腸の成長と共に克服していくケースが多いようです。

スポンサーリンク

そのため3歳頃には8割がアトピーを克服している、とか、

5歳になる頃には9割がアトピーを克服している等も言われています。

もちろん、子どもによって個人差があるし、治療を続けて小学生や中学生でアトピー症状がほとんど起きなくなったというケースもあるので、一喜一憂する必要はないかと思います。

私の経験上ですが、アトピーと付き合う上で一番大切なのは、あきらめないでできることを続けていくこと、親が焦らないこと、と思います。

親が子どものアトピーの改善を諦めては子どもは絶対に良くなりませんし、

焦っても不安やイライラが募るだけです。

私の息子のアトピーの症状のピークは、1歳~2歳の頃で、体中血だらけ、

夜は痒みで全く寝ることができず一晩中泣きわめく、ということがずっと続いていました。

保湿はもちろんしていましたし、お薬も色々と試しました。鍼灸によって血行を良くする、ということも試しました。

どれも効いているような、効いていないような、というのが率直な感想で、手探り状態でした。

でも今思うと、結果的に一番効いたのは

「子ども自身の自己治癒力=成長」だったなぁと思っています。

今でも息子は一目でアトピーを患っているということが分かるくらい肌が炎症を起こしているのが常ですが、ピークに比べると夜も眠れるようになり大分改善しました。

それに伴い私たちの親の心も楽になり、今後もっと良くなっていくだろうと不安になる気持ちも

自然となくなっていきました。

そういった経験から、できることはできる限りやって、それでも気長に付き合っていこうと思って、

息子、息子のアトピーと接しています。

まとめ

  • アトピーの始まりは生後半年~が多い。
  • 乳児湿疹の可能性もあるので、まずは保湿。良くならなければお医者さんへ
  • アトピーは3~5歳で8~9割が克服している。
  • でも、小学生や中学生で克服するケースもあるので心配する必要はナシ
  • 親が諦めず、焦らず、しっかりとできることを子どもにしてあげる

アトピーで辛そうにしている子どもに対しては、

物理的に治療をしてあげることの他に精神的にもケアをする必要があります。

子どもは親が思っている以上に親の気持ちを読み取っているものですよね?

親がぶれずにいることで子どもも安心して治療を受けることができると思います。

親が強い気持ちを持って子どもと接し、子ども自身にもアトピーと向き合っていくことの重要性を伝えていきましょう!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です