あなたの綺麗な長い爪がアトピー悪化の原因になってない!?

アトピー患者の爪
スポンサーリンク

皆さん、爪がアトピーの悪化の原因の一つだと知っていましたか?

なぜなら、爪が長いと皮膚に引っかかり深く掻きむしってしまうからなんです!

確かに、私もよく痒くて掻くとボロボロとはがれた皮膚が宙を舞っていました。

特に女の人だと、ネイルをするために伸ばしている、またはつけ爪をしているという人も少なくないと思います。

でもそのおしゃれな爪さえ、アトピーには狂気になってしまうんですね。

 

爪でアトピーが悪化しない為の対処法

爪が原因でアトピーの悪化を抑えるためにはただ一つ!

爪を短く切ればいいんです!

理想としては、爪の先端の白い部分がなくなるまで切るのがちょうどいいですね。

なぜなら、みなさん、シールなどをはがす時に長い爪だとすぐにはがせるのに、爪が短いとなかなか引っかからずに剥がせない、剥がしにくいといった経験ありませんか?

爪と皮膚の関係はまさにそれです!

爪が短いと、皮膚に引っかかりにくく傷をつけにくいんですね!

しかし、爪をいくら短く切っても切りっぱなしはあまりよくありません。

パチンパチン!と切ったままの爪だと、切った断面が荒れていてそのまま腕を掻くと先の細いもので肌を撫でられているような感じで刺激がとても強いんです。

私もよく、切りたてで腕を掻き軽いみみず腫れのようになったり、深く刺さってしまい血が出ることもあったんです。

しかも、バリバリになった爪の断面でひっかくほど痛いものはないのではないかと、私はいつもやらかすたびにそう思います。

なので、爪を切ったら面倒ですが、爪用のやすりなどできれいにげずって整えることが大切になってきます。

私はいつも爪を切ったときはやすりで削り、軽くひっかいてみて痛くないか、きれいに削られているかを確認指定しています!

 アトピーが爪に及ぼす影響

今度は、アトピーが爪に及ぼす影響。

爪は、アトピーを悪化させますがアトピーが手、特に指の先にでてひどくなると爪に影響を及ぼすのです。

まず、爪の周りの皮膚が荒れてポコッと膨れてきます。

そして新たしく伸びてきた爪がアトピーの影響でぼこぼこになってしまうのです。

アトピー患者の爪

↑アトピーの人の爪

スポンサーリンク

 

私も手荒れがひどく、右手薬指の爪がぼこぼこになっています。

これは特に女性だと気になるところなんですよね。

手はきれいでいたいものですが、手荒れというだけでばんそうこうだらけになったり、私のように爪がボロボロになってしまったり。。。

他にも、爪の手入れの中で甘皮向きがありますがそれを行うのが困難になります。

爪に一番近い皮膚がただれてしまっているので無理にやると出血してしまったり、根元の爪をひっかきすぎると手荒れでもろくなっていた爪の一部が欠け落ちて陥没したようになってしまったり。。。

私はよく右手人差し指の爪がかけてしまってかっこ悪くなっていることもあります。

爪が影響を受けると、伸びてきた時が大変なんです。

へこんだ部分が爪先まで来ると、断面が歪んていたりその部分の爪が他の部分よりも薄くなっているので折れやすくなったり、大変です。

また女性だと、ネイルをする方も多いと思います。

私の友だちでネイリストになった子がいました。その子に「就職先のネイルの練習しなきゃいけないからモデルをやってくれない?」と頼まれ、無料だったので「いいよ!」と引き受けたのはいいですが、ちょうど人差し指の爪がかけてしまっているときで、そこを埋めて平らにするようにネイルしてもらいました。

しかし、今流行りのジェルネイルだと、削って落とさなきゃいけないんです。

剥がしに行ったときに、掻けているところのネイルを落とすのがとてもこわく、電動の小さなやすりで落とすので、他のところよりも摩擦熱が直で伝わって痛かったです。

また、指先が荒れているとネイルがついてしまって痒くならないか。や削って落とした時に出る粉が傷口に埋まってしまわないかなど心配事だらけでした。

普通の除光液で落ちるネイルでも、除光液が傷口にしみてしまったり、爪が余計もろくなってしまったりと、アトピーによって弱くなった指先は手入れがとても大変です。

 まとめ

  1. 掻き傷がひどくならないように、爪は短めに切りましょう。
  2. 爪は切りっぱなしではなく、やすりで刺激が少ないように整えましょう。
  3. 指先が荒れているときは、爪をあまり刺激しないようにしましょう。
  4. ネイルをする際は、爪や周りの皮膚などに十分注意してやりましょう。

 

以上が私の経験上爪に関して気を付けるといいことです!

女性なら余計、爪先まできれいでいたいですよね?

しかし、ネイルなどで着飾るだけがきれいではないと私個人思っています。

何もしなくても形がきれいというのもありだと思うので、手が荒れているときは無理をしないほうが賢明だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です