【警告】乳児湿疹にヒルドイドを使ってるあなたへ!!危険ですよ

ヒルドイド軟膏
スポンサーリンク

我が家の子供は生後3ヶ月ころになり、乳児湿疹ができはじめました。

母親から移行した女性ホルモンの働きにより、乳児湿疹というものが出やすくなるというのは、出産した産科で説明を受けていましたし、対処法として清潔にすることが大切という事も知っていました。

しかし、清潔を保っていてもなかなか良くならず、顔に乳児湿疹がプツプツと増えていきました。

私の実母や義理母が自宅に孫を見に来たときに、「可哀そうに・・・ちゃんと対処してあげてるの?」「ちゃんと沐浴できていないんじゃないの?」「私たちが育てたときはこんなに出なかったわ」などと 言われてしまいました。

かなりショックでした。しっかりと洗っているのに治らない・・・。

皮膚科に受診したところ、肌が乾燥しているせいだと診断され、ヒルドイドというものを処方され塗って保湿することになりました。

けれど、一向に良くならず、全体的に赤くなり、液のようなものが出てきてベタベタしてしまうほどまでに悪化しました。

そんな状態を見た義理母は、私を責めました。「なんて可哀そうなの。しっかりしなさいよ」と。

実母と旦那に電話し、泣きました。

皮膚科でのヒルドイドも塗っているし、清潔にしているのに治らない、試行錯誤しても効果なし・・・。ダメな母親でごめんなさいと子供に謝りながらも泣きました。

そんなこんな落ち込んだ毎日を過ごし、買い物や散歩に行き周囲の人に見せることも怖くなり、ネットスーパーで買い物を済ませ、ベランダで日光浴をする程度の半引きこもり生活を過ごしていました。

そんな私を見た実母が使ってみて!と持ってきてくれたクリームに助けられたのです。

ヒルドイドとは?その特徴をご紹介!

手にヒルドイド軟膏

皮膚科で処方されたヒルドイドですが、なかなか治らず、どんなものなのか気になりました。

調べたところによると、ヒルドイドとは、保湿力がとても高い保湿剤でした。

肌の内側で水分を保ちながら、肌の保湿・血行促進に効果を示します。

そして、ヒルドイドには3つの種類があります。

軟膏

油分を多く含むため少しべたつきますが、保湿力は高いです。

クリーム

保湿力は高いがラノリンアルコールが含まれているため、かゆみを伴う場合がありますのでご注意を

ローション

さらっと塗れるのが特徴ですが、保湿効果が持続しないのが難点です。

ヒルドイドってだけでもこれだ毛の種類と特徴があるのですね。

今思えバ乳児湿疹を治したいと意気込んでいたのに無知の状態で、使用していた自分が恥ずかしくなりました。

ちなみに皮膚科では「軟膏タイプ」の「ヒルドイドソフト軟膏」を処方してもらいました。

ヒルドイドの副作用

泣く赤ちゃん

なぜ、皮膚科処方されたものなのに、治らず悪化してしまったのでしょうか。

ヒルドイドは医療用医薬品のため、マツキヨなどの一般のドラッグストアでは市販されていません。 医療用医薬品は効き目が強く、効果が高い反面、副作用がないか心配という声も多いですよね。

ヒルドイドは副作用の少ないポピュラーな塗薬ですが、副作用の報告も出ているようですので、紹介します。

クリームの使用者0.93%に副作用が報告されている

メーカーであるマルホは、ヒルドイドクリーム0.3%使用者0.93%の使用者の0.93%に副作用が認められたと報告しています。 副作用の内容は、痒みや湿疹などの症状が引き起こります。

使ってはいけないケース

肌が炎症を起こしている時

ヒルドイドの効果として、血管の拡張が引き起こります。

しかし、肌が炎症を起こしている時に血管拡張効果のある薬を塗ると、炎症が悪化したり、痒みが出てしまうのです。

私はどんどん悪化し、赤く炎症を起こしているのにも関わらず、皮膚科で処方されたものだからと言い塗り続けてしまったため、より炎症が酷くなってしまったのでしょう。

アトピーで炎症を起こしている時も注意

私の子供は幸いアトピーではなかったものの、生後5.6ヶ月くらいまでは乳児湿疹とアトピーの症状は類似しているため、見分けがつきにくいようです。

乳児湿疹だと思っていても、アトピーである可能性もあるのですね。

ヒルドイド軟膏をアトピー性皮膚炎の治療に使う人も多いようですが、炎症を起こして肌から粉が吹いているような状態の時に塗布すると、血管が広がり、血行が良くなることで、皮膚の温度が上がり、痒みが出てしまう場合もあります。 アトピーの場合もヒルドイドを使用しないほうが良いのですね。

ヒルドイドの成分が赤ちゃんにNG

後から知りましたが、安全性の高い薬ではあるものの、小さな赤ちゃんにとってヒルドイドに含まれているペパリン類似物質というものや、軽質流動パラフィン、セレシンなどという成分が肌絵の刺激となることがあります。また、添加物も含まれています。

それらの成分や添加物による刺激が赤ちゃんの肌にとって負担となり、肌に合わないという状態が引き起こるケースが多いため使用させない小児科も多いのです。

炎症が起きるほど悪化した乳児湿疹や、肌の弱い赤ちゃんにとってヒルドイドの使用は良くないのですね。

赤ちゃんの肌にも使えるクリーム

笑顔の赤ちゃん

ヒルドイドの使用という悪化を促すようなケアを続けていた私のせいで、もちろん子供の肌は、どんどんひどい状態になってしまいました。

もう一度皮膚科に行く自信もなければ、ましてや外にも出たくない・・・。

そんな私にライスパワーNo.11配合アトピスマイル クリーム という商品を実母が持ってきてくれたのです。

母はテレビでアトピスマイルクリームの存在を知り、これなら孫の肌も治るのではないかと購入してくれたようです。

実際に母も別に購入し、先に使ってみてくれていたのですが、水仕事の多い母は手がいつもガサガサしていて赤切れも多かったのです。

スポンサーリンク

しかし、アトピスマイルクリームを塗ってから、乾燥が改善され、あかぎれもなくなったそうです。

そんな母の手を見せられ、私も驚きました。

こんなにも効果が出るクリーム・・・。何か強い薬が配合されているのではないかと疑いました。

アトピスマイルクリームの成分

考える赤ちゃん

アトピスマイルクリームの効果は、母が試してくれた様子でわかりましたが、こんなにも効果があると、逆に疑ってしまいますよね。

子どもの肌をこれ以上悪化させたくなければ、塗り続けなければ再発し依存してしまうようなクリームなら使いたくないと思いました。

ライスパワー№11

アトピスマイルクリームの事について、まずは成分に着目しました。

すると、主成分はライスパワー№11というものでした。

この成分は、日本で唯一水分保持能を改善する力がある医薬部外品有効成分です。

普段日常の中で摂取しているお米由来の成分で、ライスパワー№11により、肌の表面にある角質層という部分真っ先に潤してくれる他に、肌の深層にある部分まで潤いを与えてくれるのです。

一般的な市販のクリームの場合は、表面の角質層までしか潤すことはできません。

健康的な肌の場合、肌に充分な水分が蓄えられているため、肌をバリアしてくれるため刺激を受けにくいのですが、トラブルの多い肌の場合は水分が足りず乾燥し、バリア機能が低下しているため、乳児湿疹のようなトラブルが起き安くなってしまうのですね。

我が家の子どもも実際に皮膚科で乾燥していると言われていましたし、バリア機能を高めてくれるなら、使ってもいいかも。くらいに思いました。

強い薬品は?

最も気になるのは、薬品が含まれていないか、という点です。

しかし、ステロイドが含まれていませんし、カゼインというアレルギーの原因となるようなものも一切含まれていないのです。

本当に安全なライスパワー№11というものだけで、肌が改善されるのだと驚き、安心しました。

実際に使用!

 

安全性の高いクリームだと知り、使ってみることにしたのですが、やっぱり治らなければいくら肌に優しいとはいえ、意味が無いですよね。

塗心地

まずは塗心地ですが、皮膚科で処方されたヒルドイド軟膏の場合、塗ったところがベタベタしてしまってしました。

一方のアトピスマイルクリームは、塗ってもスベスベした感じで、肌を油分で覆うような感じはありませんでした。

こんな感じで保湿できるのか心配になりましたが、長時間様子を見てもカサカサすることもなく、程よく潤っている感じでした。

痒みは?

赤ちゃんは自分が痒いと伝えることはできず、泣いて示すため、夜中寝ているときに急に大泣きして止まらないこともしばしばありました。

しかし、ライスパワーNo.11配合アトピスマイル クリーム を塗った日の夜、授乳の時間に泣いて起きることはありましたが、何にも無いのに泣いて止まらないということは無く、かゆみが治まっているのだろうと思いました。

塗り続けたら・・・

使用感も良いし、痒みも治まっている様子だったので、塗り続けることにしました。

2週間

肌が赤くなり、汁のようなものも出てくる状態が、2週間ほど塗り続けただけで汁はでなくなり、赤みも治まってきていました。

かなり早い効果の現れに驚きを隠せませんでした。

1ヵ月

丁度、1ヵ月ほど朝晩1日2回塗り続けていただけなのですが、肌がみるみる回復していき、久しぶりに肌が綺麗な状態になりました。

あんなにも必死に拭いたりヒルドイドを塗っても治らなかったので、嘘のようでした。

使用の中止

次の問題は、いつ使用を辞めるかですよね。

乳児湿疹は1歳頃まで出やすいという事だったので、再発はあり得るかなと思いました。

また、アトピーの場合ステロイド治療の果て、症状が治まり使用を中断すると再発するというループがあると知っていたので、アトピスマイルクリームも使用を中断したら再発するだろうと思いました。

思い切って使用を中断してみたところ、なんと3日経っても1週間経っても再発しませんでした。

再発しない理由

アトピスマイルクリームの使用を中断しても、再発しないのには訳があるのです。

皮膚科で処方されるような薬は、即効性がありますよね。塗るとすぐに症状が治まり、さすが病院だなー!なんて思ったことがあります!笑

しかし、薬は一時的に症状を抑えてくれるものの、根本的に肌を改善することはできないのです。

一方、アトピスマイルクリームの場合、症状を抑えるのではなく、肌の状態を改善することで、症状を改善してくれるため再発しにくい強い肌を手に入れることができるのです。

だから使用を中断しても強い肌が刺激に耐え、再発しなかったのですね。

10乳児湿疹の完治で笑顔が再来

未来

ヒルドイドを使用していた時の私は、良くならない子供の肌を見るたびに、自分を責め笑顔なんて忘れた日々でしたね。

孫を見に来ても可哀そうなものを見るような目でしか見てくれなかった実母や義母でした。

しかし、治った状態でアトピスマイルクリームを購入して教えてくれた実母に先に見せたところ、涙目になりながら喜び、祝福してくれました。

本当にこのクリームを紹介してくれた母には感謝ですね。

その後、母も自宅にお招きし、孫を見せたところ、肌が綺麗になったことをとても喜んでいました。

私もそんな様子を見て、治った肌を見て、本当に安心しうれしい気持ちになりました。

久しぶりに外へ旦那と子供と3人で出かけたときは、「この綺麗な肌の我子を是非見てください」と見せびらかしたいほど嬉しい気持ちでいっぱいでしたwww

1歳半になった子供ですが、乾燥がひどい時期などは今でもアトピスマイルクリームを使用しています。

一般的な保湿クリームや薬を使うよりも安心ですし、効果も抜群です。

私も肌荒れの時に拝借しています。

アトピスマイルクリームのおかげで、家族に笑顔が戻りました!!

アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です