【必見】潰してもよいニキビと潰れた後の最善の対処法とは!?

女性の爪
スポンサーリンク

ニキビは、できてしまうとどうしても潰したくなるものです。

ニキビ歴が長い方はご存じと思いますが、潰してしまうと治りが悪くなるニキビと、潰したほうが治りが早いニキビがあります。

たまたま潰したニキビの治りが早かったからと言って、どんな場合も潰せばいいというものではありません。

今回は、どうしてニキビができるのか、どのタイプのニキビが潰してもよいと言われているのか、そして、どのニキビも潰してしまったり潰れてしまった後にどのように対処することが正しいのかを知り、今後の参考にしてみてください。

ニキビができる原因を知る

思春期にできるニキビは、皮脂量が関係しています。

皮脂量の多い思春期は、皮脂がたまりやすい場所に多くニキビができます。新生児や思春期のお肌、得に顔には皮脂量がとても多く分泌されますが、それは自然なことで年齢を重ねることで減っていくため、思春期のニキビは治ることがほとんどです。

では、どうして皮脂量が多い時や大人になってもニキビはできるのか・・・

毛穴につまった皮脂がキレイに取りきれず、古い角質や老廃物と混ざり毛穴をふさぐため、ニキビができるのです。

他にも、汚れが原因となる場合があります。前髪についた整髪料、帽子、髪は皮膚を刺激するのです。

膿がたまった状態のニキビは白から黄色に変化していき、アクネ菌と戦うことで起こる炎症は、ニキビを赤く痛みを伴うものにしてしまうのです。

潰しても大丈夫!

女性の爪

それは痛みの無い白いニキビの場合です。

白いニキビは毛穴に汚れがたまってしまっているだけの状態の場合がほとんどです。古い角質や皮脂が残っているので、潰してもそれが取り除かれ治りも早くなる場合が多いです。

ですが、その場合も注意が必要なことにはかわりありません。

ニキビの原因アクネ菌は人間の持っている常在菌です。それが繁殖してしまっているということはニキビができている箇所は免疫力が低下しています。人間の手にはたくさんの菌がいることはご存じですよね。

なので、菌が繁殖しないよう注意することが必要なのです。

潰したらダメ!

赤く炎症を起こしているニキビを潰してしまうのは逆効果です。

肌が傷ついている状態のところを余計傷つけてしまえば、そこには跡が残ったりクレーターになってしまう可能性が高くなります。

治りが悪くなることで菌の繁殖が活発になり肌のダメージも深刻になります。真皮まで傷ついてしまったら綺麗に治すのはとても大変になってしまうのです。これ以上酷くならないためにも、清潔にして触らずにいることを第一に考えましょう。

スポンサーリンク

それでも潰れて(潰して)しまったニキビは・・・

眉間にニキビ

偶然潰してしまう場合や、潰れてしまう場合があると思います。

そうした時、どう対処すれば酷くならないのか

そしてより早くニキビが治る方法をご紹介致します

潰れた箇所をキレイな水で洗い流す

その場に水がない場合はキレイなハンカチやティッシュでおさえましょう。ですが、それでは菌が落とし切れてはいない状態です。

なので、水で洗い流してください。

ただ、消毒や熱いお湯で洗うことはお勧めできません。

ニキビが潰れた後に出てくる液体のようなものは、傷を治すための液でニキビに悪いものではないのです。ですので、刺激が強すぎるものは避けたほうがよいでしょう。

化粧水などで保湿する

保湿を怠ると、かさぶたになって跡が残ります。

キレイに洗い流した後は保湿が大事です。保湿することで皮膚の代謝が良くなりたまった色素などが排出されやすくなります。

化粧水や乳液の他に、ニキビ専用の薬があればそれを使用することもお勧めします。

触らない

一番簡単なようで難しいですよね。

私はニキビを潰して治した経験があり、今もニキビができるとどうしても触ってしまいます。

ですが、やはり赤く痛みのあるニキビを潰しても傷になってしまうように出血し治りが遅くなるだけだったことが多くあります。

上記でも述べたように、ニキビ触ることにより菌の繁殖を活発にしてしまい良いことはないのです。

肌を清潔に、保湿を忘れなければ治るものです。

触るのは我慢しましょう。

生活の見直し

バランスの採れた食事

現在の生活は規則正しいと言えますか?

食生活の乱れ、暴飲暴食はお肌の調子を悪くします。

お野菜をたくさん食べ、肌のための食事をしましょう。

アルコールの摂取のし過ぎも良くないです。どんなに帰宅が遅くなっても綺麗に洗顔をし、保湿を心がけましょう。

睡眠はきちんととれていますか?

忙しい方に8時間睡眠をとれというのは酷なことです。そういう場合は質のよい睡眠をとるようにしましょう。

お休みの日は少し長く睡眠をとったり、短い時間でも熟睡できる環境を整えることが大事です。

まとめ

ニキビを潰してしまった場合も、そうでない場合も、大事なのは普段からのお肌のお手入れになります。

ニキビができないようにして、それでもできてしまった場合はどんな状態かを見極め対処することが大事ですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です