【不安】いつになれば“消える”? 知っておくべき「背中ニキビ」の「色素沈着」

背中ニキビと色素沈着1
スポンサーリンク

「背中ニキビ」気になり過ぎて、“指で絞って貰った”という経験ありませんか?

「赤ニキビ」が化膿し膿んでしまった後から「ケア」しているけど、この「少し黒ずんだ」

「背中ニキビ」いつ治るのか…。と不安になったりしませんか?

今回は、そんな「背中ニキビ」の「色素沈着」の状態について詳しくまとめてみました。

「背中ニキビ、赤ニキビの頃からケアしているけど、いつになったら治るんだろう」と悩んでいる方は是非、最後まで、記事を読む事をお勧めします。

私が「背中ニキビ」を気になりだしてから早、3年。

背中ニキビと色素沈着2

私が背中ニキビを気になりだしたのは、今から3年程前の21歳の頃でした。

私の肌質は「乾燥肌・敏感肌」で、冬場になると、入浴後に「保湿ケア」をしないと、顔だけに限らず「肌」が“ピリピリ”と痛み出します。

なので、入浴後1分でも早く「全身・背中・脚・顔」全てに「保湿ケア」を“必ず”取り入れている程の「超」が付くほどの【乾燥肌・敏感肌】です。

以前に、休日の日に用事のついでに寄った「ドラックストア」で「肌質チェック」を無料でしてくれていました。その当時、私は21歳で「肌質は、まだまだ若いわよ。」と言われましたが、「極度の乾燥肌ね。」と言われました。

何となく、自分は「乾燥肌」じゃないかと思っていたので、「背中ニキビ」の様な「皮脂が溜まり発症する“ニキビ”」は自分には「無縁」の事だと思っていました。

そんな、ある日。

仕事のストレス、日常生活の不摂生、日々の疲れが溜まっていたのが「背中全体」に「赤いニキビ」がでて「痒く」なるようになり、その時初めて「乾燥肌でも背中ニキビなるんだ…」と思ったのが記憶にあります。

その当時は、「痒かった」ので搔きむしってしまって、「背中」に「血」が滲む様になり、その時に「市販」で買った「セナキュア」という薬を塗る様になりました。

何週間かして、背中ニキビは良くなりましたが、ふと全身鏡で「後ろ姿」をみると、

ところどころが「薄い茶色」に変化しているのに気が付き、ケアする目的で“保湿性も抜群!”な「ニベアの商品」を使いケアし始めて、もうすぐ1年になりますが、一向に消える気配がないんですよね。そうして、今自分が至る状況が「色素沈着」だという事に気が付きました。

そもそも【色素沈着】とは、どんな“状態”なの?

背中ニキビと色素沈着3

私も、自分が その「色素沈着」という状態だと知りました。

その時は、もうすぐ「夏場」に突入する7月上旬で、これからの「夏」何かと露出する事が増えてくる時期。私も「色素沈着 消える」などの「ワード」について沢山調べたので、簡単に分かり易くまとめますね。

【背中ニキビが“色素沈着”を起こすまでの過程】

  1. 背中に皮脂が溜まり始めて、皮膚の中で皮脂が増殖し「白ニキビ」が出来る。
  2. 背中の白ニキビがどんどん化膿し始めるのが「赤ニキビ」になる。(痒い状態)
  3. 背中ニキビを保護していた皮膚の表面にある保護膜が破れる。(例:掻きむしったり、その他の外傷が外からあった場合。)
  4. 「肌」に赤いニキビの状態が残り始める。(再度、皮膚の再生が始まる。)
  5. 皮膚再生が完了した後も、「ニキビ跡」が残ってしまう状態を【色素沈着】といいます。

この5つの「色素沈着」を起こすまでの過程ですが、皆様はこの中に「間違って」いる所が“何処か”わかりますか?。

以前の私は「セルフの知識」と「自分流でケア」していたのが間違っていた。という事実を、私と同様に、「背中ニキビに悩む仲間」と出会えた事で、「その“やってはいけなかった”事実に気が付きました。

スポンサーリンク

彼女等も、私と同様に「痒い時に掻きむしってしまった。」という過去があり、彼女達も「私と同じく“色素沈着”」に悩まされていました。その中には、一番期間の長い方で、「背中ニキビ」の「色素沈着」に最早、3年以上は悩まされている。という方も居ました。

その仲間達と「背中ニキビの経過について」共有したり、「効果が良くあった!」という商品を「どこで購入したか、効果が出たのは、いつぐらいから??」など、沢山絆を深める事ができました。 

コンプレックスになってしまいがちな“色素沈着”の治癒方法とは?

背中ニキビと色素沈着4

私が、その仲間達(何人か)の経過報告を聞き、最初にショックを受けたのは、「色素沈着を起こしてしまってからでは、遅い」という事実でした。

「遅い」とはどういう事なのかと言うと、「自然治癒は不可能」の事は、勿論「保湿ケア」「皮膚科の薬」だけ、では「治らない」という事です。

この事実を知った時、私は「後頭部をバットで打たれたような衝撃の強さ」を感じ「治らない」という事に「ショック」を受けていました。

では、どこの段階から「自然治癒が可能な範囲なのか?」という事ですが、上記の2の状態(痒くなる時に“掻きむしって”しまい保護膜が破れる事に“色素沈着を起こす原因があるそうです。)以前の私が「痒い」から「掻く」という行為に「罪悪感」を感じました。

今では、たまに背中ニキビがでると「掻く」という事をやめ、「さする」様に注意しています。

でもそんな「仲間達」出会えた事で“ある希望”が!!

「自然治癒」が不可能。とい事実をしり「ショック」を受けていた私ですが、その仲間達のある一人が「つい最近、美容皮膚科に行って、レーザー治療を受けてきたんだよ。(皮膚科では、レーザー治療をしている場所は滅多に無い。)」という報告を貰い、その人の経過を聞くと、1ヵ月に1度、「美容皮膚科」に通っているみたいで、写真を見せてもらうと、「色素沈着」起こしていた箇所がが少しずつ「綺麗」になっているのが一目瞭然でした!!

私が、今まで「一人で頑張っていた背中の“自己流”ケア」でしたが、同じ悩みを持つ仲間に出会えて「希望」を持つことが出来ました。

今では私も「美容皮膚科」に通い始めて、まだ1ヵ月目ですが、「レーザー治療をし始めてから、“もっと早く知れば、こんなに暗い気持ちにならなくて良かったのに!!!」と後悔しているくらいです。

さいごにまとめ

背中ニキビと色素沈着5
  1. 背中ニキビが出始めたばかりの方は、絶対にしないで欲しい【掻きむしる】という行為
  2. 「自己流ケア」には、多くの“落とし穴”が隠れている。
  3. 【色素沈着】を起こしてしまった場合【自然治癒は不可能】【ケアだけでは治らない】
  4. 【色素沈着】にコンプレックスを抱いている方にお勧めしたい、美容皮膚科の【レーザー治療】

今では、仲間に出会わなければ、【ずっと暗い気持ちで、夏が来る度に“暗い気持ち”になったり、勿論「海」なんていけないし、温泉旅行も…】と、ずっと暗い気持ちで悩んでいた私は、いなくなり、とても前向きな気持ちで考えられる様になりました。

今では来年の夏には、友達と温泉旅行の計画を立てたり、ショッピングで「服選び」をするのが好きになったり、と「自分のカラダのコンプレックス」と前向きに向き合える様になったので、「背中ニキビ」に悩み始めた人には、私の様になる前に、気を付けてほしい事。

と、「色素沈着」のせいで、「暗い気持ち」で過ごしている方には、「こんな方法もあるんだよ!!」とう事「前向きな気持ち」になってもらえると、とても嬉しく思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です